2014年10月17日金曜日

10/19 J庭の予定

宝探し企画


明後日のオリジュネオンリーイベントJ.GARDENでは、宝探し企画にエントリーさせて頂いてます。(企画ページへの直リンクが禁止されてるので、下記公式サイトの玄関からご覧くださいマセ)
自分のとこの本をお宝とかってちょっと言いにくいですが(^^;)、趣味に合うものがお宝、というのが同人誌でございます☆もともと微JUNEだの美老人だのとマイノリティーな嗜好の本ばかりですが、まだ見ぬご新規様との出会いのチャンスとなるかも、と薄い本たちが胸を高鳴らせておりますので(笑)、ぜひぜひお立ち寄りくださいませ。

J.GARDEN 公式サイト 
スペース: の03a SUSSANRAP

「宝の地図」用のカットはこちら。あははー。(^^;)



無料配布


今回は新刊が間に合わなかったので、昨年発見した英国萌え怪奇小説のオススメ記事と、それのイメージイラストの瓦版を作って無料配布させて頂こうと思ってます。うちの『脳人形の館』とかなり似た要素があります。あれがご趣味に合った方にはぜひオススメしたいです!これから作業の残りで、土壇場までスリルとサスペンスです。(^^;)

カットのパーツとスケッチを組み合わせて試行錯誤しているところ。Photoshopの効果は気に入ったのでこれを使いたいけれど、絵はちょっと描き換えたいかな…「帰っちゃうの?ポスター」にも使いまわすことになると思いますが、さてどーなりますことか……。

【2014/10/18追記】
こんな絵に変更になりました。(まだ印刷作業中~(^^;))



当日持参本


既刊は他のイベントではたいてい片隅に追いやられてる(笑)オリジナルを中心に、いつもの『追憶のシャーロック・ホームズ』『宇宙探偵ホォムズ』シリーズなども。版権二次(SHELROCK)はペケなので持参しません。RPSや評論はオッケーなので、『脳人形の館』と、再上映祝いでベネディクト・カンバーバッチの舞台『フランケンシュタイン』のレビュー本を持っていきます。(こういう本を求めていく所ではないので需要はないかもですが、あのフランケンシュタインはまさしくJUNE!でしたので、自分のなかでは持って行くことにけっこう矛盾がありません(笑)。偶然の出会いがあるといいなあ、と思います!)

とくにkindleにしてないオリジナル作品はあまりご紹介したことがないので、持参本をちょっと詳しくご紹介させていただきますね。

『流星/杉野くん』(微JUNE小説短編集)閲覧見本用に、新しくコピーを入れた画像です。


近未来もの『流星』、うちでは珍しい(?)BL風コメディ『ユーアーマイサンシャイン~君は僕の輝ける専門バカ~』昭和初期の少年の淡い思いを描いた『杉野くん』、以上三本の短編小説が入っています。わりと自信作揃いです。『流星』は久しぶりに読み直したら自分で涙腺にきました……(おめでたいぞ自分(^^;))
全年齢OKで、さくっと違う味のものを味わって頂けると思います。うちの紙同人誌で一番廉価な200円本ですので、よかったらぜひお試し下さい。

『王殺し』はkindleにもなっていますが、改めてこんな感じです。

表紙リニューアルしたときに作ったウェブポスター


そして『恐怖!脳人形の館』。初老科学者たちの奇妙な愛憎を描きました。もったいなくも「昔のJUNEの雰囲気でよかった」とご感想を賜っておりますので、そういうお好みの方には楽しんでいただけると思います。


閲覧見本用にコピーをいれた表紙です。



ピーター・カッシングのイメージで書いたものですが、俳優さんを知らない方(で、昔のJUNE風がお好みの方々)にもご好評頂いている物語ですので、カッシングに馴染みのない方もぜひお試し頂けたらと思います。Hとかはまったくない話ですが、個人的にはこの話がこれまで書いたなかで「一番JUNE」だと思います。


正典関連ものは原作著作権が切れているので持って行きます。
『追憶のシャーロック・ホームズ』は、もともとJ庭に持って行きたくて書いたもので、パスティーシュというよりJUNEを書こうという意識が強かったのです……コピー誌時代に、ガーデンガイドで「久しぶりにきちんとしたJUNEを読んだ」と評して頂いたのが今でも嬉しいです。kindle化を経てオフセで復刊してから毎回持っていってますが、J庭に持っていくのは感慨深いです。


漫画『宇宙探偵ホォムズ』シリーズ(画像は最新刊)。描いてる意識としてはノンケなのですが、J庭ではガーデンガイドのはみだしおすすめ欄で「微ほも」と評していただきました。ウレシイです。正しいと思います…!(笑)


それと、ベネさんの舞台『フランケンシュタイン』のレビュー本を持参します。怪物バージョン・博士バージョンの比較、原作との比較など織り込みつつ全体を振り返ります。


…こんな感じで、いつもどおり統一感のないスペースになります。(^^;)当日はぜひ、ごゆっくりご覧下さいませ。お待ちしております。

0 件のコメント:

コメントを投稿