2019年9月15日日曜日

江戸園芸って

春頃から庭いじりにはまっています。数年おきにやってくるマイブームです。(笑)で、NHKの『趣味の園芸』も久しぶりに見るようになってるのですが、今日やってたテーマが新鮮でした。

趣味の園芸 大江戸花競(くら)べ 十二選 第6回「ようこそ“奇品”の世界へ」 - NHK
 目くるめく江戸園芸「大江戸花くらべ十二選」。第6回「ようこそ“奇品”の世界へ」。マツバラン、イワヒバ、チョウセイランほか、植物の中に入って見つめる葉や茎の変化。 https://www4.nhk.or.jp/syumi-engei/x/2019-09-17/31/27605/2560295/

自然に出てきた変異種を珍重するという世界で、正直自分の目には「雑草?」「ビョーキ?」としか映らないものばかり。庭に生えてたら引っこ抜いちゃいそうなんですが、それが結構な鉢に水苔なんかで大切そうに植えられてると、なんとも素敵に見えてきます。

こういうのが「江戸の粋」、なんだそうです。ちょっと別のところに連想が飛びました。規格外に生まれたものを排除せずに面白がり、大切にし、美しいとまで感じる世界。今の息苦しい世の中の空気を思うとなんだかうらやましい。

さて、江戸園芸とは言いませんが、うちの庭にオモトがありまして、これをきれいな鉢に植え替えしたいなあ、と思っています。狭くて日当たりがわるい庭なのですが、これはうちの家族が住み着く前からあったものです。他にも「もともとあった」植物がいろいろあって、ガーデニングに興味が出てから調べたところ、どれも日陰に適したものでした。自然に生えてくるものではないので、以前の住人の方は好きで知識をもって植えてたんだなあ、としみじみしました。

オモトの植え替えは夏は適さないそうで、季節が移るのを待っています。昨日、今朝とちょっと涼しく、動きやすくなりました。本格的な秋が待ち遠しいです。


玄関わきにもともと植わっていたオモト。
1、2ヶ月前に枯れていた葉を切ったら綺麗に復活しました。 

こちらは庭を掘り返した時にプランターに放り込まれていたもの。
逆境にもめげずしぶとく生きてます。

2019年4月30日火曜日

平成最後の日(『なぜ今、仏教なのか』、大口商店街散歩)

なんということもないですけれど、いちおう取引先が連休である恩恵でのんびりモード。本を読んだり、部屋の片づけをしたり、イアンの草稿をいじったりしてます。読んでる本と、昨日行ったレトロ商店街散歩のことなど書きます。

近所のスーパーにあった平成まんじゅう。改元ビジネスのいいお客になってます。(笑)

中身はこんな感じ。普通の紅白酒まんじゅうでした。おいしかった❤

#AmReading

今読んでる本から一冊。ロバート・ライトの『なぜ今、仏教なのか』。じつは著者を知ったきっかけはテッド・チャンさんで、著者のライトさんがやってるオンライン番組にチャンさんが出演し、ネット対談をしたことでした。(詳しくはこちら:テッド・チャン情報メモ BuzzFeed寄稿記事と対談ビデオ ※PC用サイトです )その時興味が湧いて著書を図書館で探したんですが、入っていたなかで一番最近のものがこれ。予約を入れたものの、けっこうな人気で数カ月待ちました。ようやく順番が来て、ちょうどこの連休中借りていられるので読んでます。(いつも複数スイッチしながら読むためなかなか終わらないのですが、期限があると必死になるので読了率が上がります。ありがたい。(笑))



西洋でブームになってる「西洋仏教」を、最新の心理学系の切り口で説明してる本なんですが、著者本人が瞑想合宿に参加した体験が核になってます。海外のコレ系テーマの本ではありがちと言えばありがち。とはいえこのライトさん、いわゆるスピリチュアル系キャラとは対極で、仏頂面のシニカルなユーモアが持ち味の方なので――チャンさんとの対談時も、ちょっと意地悪に見える(笑)シーンもありました――おかげで(?)こしょばゆい感じはないです。舌鋒するどいというより、シニカルなユーモアをまぶしながら、ときどき「親近感が湧き、かわいく感じる」イメージの話を絡めて――ご本人の欲望の対象として「粉砂糖がけのドーナツ」をしつこく挙げるなど――一般書として読みやすいバランスがうまくとられているな、と感じます。

導入部で映画『マトリックス』と絡めていて、この映画自体がそういう(仏教思想的な)深読みでカルト人気のあるものなんですが、我田引水ではありませんでした。監督が撮影前に、主演のキアヌ・リーヴスに資料として渡した本のなかに、ライトさんの既刊『モラル・アニマル』が含まれていたそうです。前述のチャンさんとの対談では水と油に見えたお二人でしたが、チャンさんは以前から好きな映画として『マトリックス』を挙げているし、そういう意味で薄いつながりはあったんだな、と思ったりもしました。

さて、この『マトリックス』、枕として使われてるだけかと思ったら、けっこう内容のほうにも絡んできています。(現実をどう認知するかという文脈で。今まだ半分ちょっとしか読めてませんが、そのへんがテーマのようです)少し前からブームになってるマインドフルネスについての考察が多いのですが、別に読んでいた"Self Compassion"という本がやはり似たもので、二冊の本から同時に説明されて(笑)、ちょっと認識が変わりました。

昔修学旅行で永平寺に泊り、そこで座禅体験をしたことがあります。そのへんの浅い認識から、マインドフルネスも「一つのものに意識を集中させる」とか「何も考えないようにする」という瞑想だと思ってました。でも、この説明だと「今自分はコレを考えている、感じている、ということ自体を意識する」という感じみたい。びみょーに違う? あるいは同じことを自分が理解し損ねてるんでしょうか。読了したときにどういう認識になるか、楽しみです。

…あ、チャンさんといえば、新刊"Ehalation"の発売は5/7でしたね!自分はペーパーバックのほうを予約したので、読めるのは5/14以降です。装丁はハードカバーのほうが好きなんですけど、収録作のうち新作は二つだけだというし、金欠でもあり少しでもお安いと助かるので。(^^;) とにかく拝読できるのが楽しみです。ああっ、その前に、以前見つけた講演動画の記事をチャンさんコーナーにアップしたかったんですが、途中のまま私事でイロイロ忙しくなってしまい、こんな時期に来てしまいました。できればそちらもお蔵にせずにアップしたい…というわけで、最後はチャンさんのお話になってしまいました。失礼。

大口商店街散歩

さて、連休に外出予定は入れてないんですが、昨日はふと思いついて、横浜市内で昔住んでいたところの近くにある、大口商店街というところに行ってきました。ググったら横浜三大商店街の一つに入ってるんだとか。知らなかったです。

横浜線の大口駅方向から歩いて、これは終わりの京急子安駅近く。左側にお寺があります。

今回行ったのは、ちょっと個人的な思い入れもありました。J庭ペーパーにだけ書きましたが、じつは二月に父が亡くなり、ここは父が昔勤めていた会社の近くなのです。(社宅があって、今の家を建てている間だけそこにいました。たぶん幼稚園に上がる前のことです)ようやく「急に涙が止まらなくなる」ようなことはなくなりましたが、まだちょっと夢を見ているみたいな感じはあります。あまり詳しく思い出すとまだ泣けてしまうので、考えるのを避けているところもあるんですが、ここは急に行ってみたくなりました。まあ昨年あたりから、漠然と「今どうなってるのかなあ」という興味はあったのですけど。

行ってみると、特に感傷に浸ることはありませんでした。ここを父と歩いた記憶はないし、直接つながらないせいかもしれません。(日頃のお買い物は母に連れられていたのであり、父は休日に買い物に付き合うタイプではなかったので)
むしろ普通に「レトロな商店街散歩」として味わってきました。

『荒野の用心棒』のポスターがあって思わずパチリ。
中はよく見えませんでしたが、看板にホビーショップと書かれていました。

もう記憶もおぼろげなんですが、母がよく行っていた練り物屋さんの「能登屋さん」を憶えていたので、そこに行って買い物をしたり。(能登屋さん、地元では有名店なのです。横浜高島屋にも出店してるのでときどきそこで買ってますが、本店は大口だそうです)連休のせいなのかなんなのか、閉まっているお店も多くて、記憶にある「漠然とにぎやかなイメージ」はまったくなかったです。人も少なく、天気が曇りだったのもあって寂しいくらいだったんですが、短時間で別の次元に行ってきたようなひとときでした。

…記憶にあるのは昭和のことですし、改元直前なのは偶然ですが、能登屋さんでは改元を記念したパッケージで売ってたので買ってきました。コレをいただいて平成を締めくくります。(笑)

能登屋さんの練り物セットと、和菓子の冨士家さんの赤飯とまめ大福。おいしくいただいてます♥

2019年4月13日土曜日

ぶらり神保町散歩

ふと思いついて神保町に行ってきました。たぶん昨年秋の古本まつり以来。特に買いたい本があったわけではなかったのですが、二月からワタクシゴトでいろいろありまして、気分転換したくて行きました。ホンモノの古書店の匂いをかぐとやはり生き返ります。

今日はなんとなく「喫茶店のナポリタンが食べたい!」というのがあって、でたらめに歩いてもお店が見つからなかったので検索。いきなりでてきたのが『さぼうる』。有名すぎるのがなんとなく恥ずかしくて(?)一度しか行ったことがないのですが(^^;)、他を探し回るのも大変だし、おなかも空いていたので素直に行ってみました。食事をするのは初めてです。着くとすでにお店の外に7~8人の列でしたが、わりとすぐに入れまして、地下の席でいただきました。

ナポリタンとアイスコーヒーのセット。900円ナリ。

写真ではわかりにくいですが、すっごい大盛!食べ始めは皿からこぼれないように気を遣いました。(笑)二人前はありそうです。並んでいるときに「大盛なんだよ」と話している方がいらして、おかげで覚悟して注文できましたが、知らずにこれを見たらびっくりしていたと思います。でもおいしく完食いたしました♥

そのあとも本を見てぶらぶら。幸せ。買わなくとも棚を見るのが楽しい。後半でお手洗いを借りようと三省堂に行ったら中にも古書コーナーがあったので……他の古書店が棚に出展してるような感じなんですが……そこをじっくり見て、結局ここで新刊本(仕事の参考書)も含めてお買い物しました。


表紙でクラッときて買ってしまった古書が、グレゴリー・ペックソフィア・ローレン共演の映画『アラベスク』原作本!ポケミスで出ていたのか~…。映画はよく覚えてないのですが、グレゴリー・ペックの写真集にこの映画のポスターも入っていて、すごく印象的だったのです。(生まれて初めて買った俳優さんの写真集が彼のものでした)巻末の解説をカンニングしたところ、例によって映画は原作とはけっこう違うらしいのですが、オビによると「本格的スパイ小説!」とのことなので、これはこれとして楽しみたいと思います♪ というか、きちんと映画を見直したくなりました。

…最初は横浜でモーニングを食べて帰ってくるつもりだったので(クロワッサンが名物のお店なのですが、写真を撮り損ねました。今度リベンジします!)、いちおう読む本は持って行きまして、今日はシュテファン・ツヴァイク『人類の星の時間』。これは以前伊勢佐木町で、やはり古書で手に入れたもの。

今日買った本ではないですが、好きなのでパチリ。

歴史上影響力のある出来事が起こった瞬間を「星の時間」(素敵な表現で大好きです❤)として、さまざまなエピソードを紹介するものなんですが、小説仕立てなのでいわば短編歴史小説集みたいなもの。ときどき目次を見て興味が湧いたのを順不同で読んでるんですが、今日は電車の中やお店で『一と晩だけの天才』というのを読み終えました。フランス国歌『ラ・マルセイエーズ』ができたいきさつのお話です。ちょっと切なかった……。でもツヴァイクさんの文章は熱がこもっていて、散文だけど「歌い上げる」みたいな感じがあります。

そんなこんなでいい一日でした。行ってみればこうして行けるのに、目的がないとなぜか行かない神保町……うちからは半端に遠いのです。でも古本まつりのときは人も多いし、ブラブラするだけでこんなに満たされるなら(笑)もっとフツーに、ときどき思い立ったときにぶらりと行きたいなー……。なんて思います。



2019年3月20日水曜日

J庭御礼&期間限定無料ペーパー配信中

遅ればせながら、3/3はJ.GARDENに参加させていただきました。スペースにお立ち寄りくださった皆様、ありがとうございました!

今回は、ななんとパンフで『流星:SF・微JUNE掌編集』のご紹介を賜りまして、この地味な本を開場早々からたくさんの方に身請けしていただけました。自分のJ庭参加史で前代未満の体験です!ぶっちゃけ売上ゼロでなければラッキー、という方ですから。(笑)

こんなふうにご紹介をいただきました。一生の宝です☆

『小説同人誌普及委員会』というコーナーで、ご執筆くださったのはJ庭スタッフさんでお姉さま格の「梅子さん」。J庭に参加している方にはおなじみですね。事務局さんからは、最初は「はみだしワイド」欄への掲載とお知らせがありまして、その後こちらのコーナーに変更になりました。(紹介したいと言っていただけたのはこの上ない光栄でした!)

アンケートでも三名の方がご推薦くださったと伺いました。ご投稿くださった方々、本当にありがとうございました。

それから、当日無料配布させていただいたペーパーの電子版を、現在期間限定で無料配信中です。後半はサークルのインフォメですが、前半のメインは最近知った『ガニュメデスの誘拐 同性愛文化の悲惨と栄光』という本のおすすめレビューです。印象的だったところを引用しながらのご紹介で、かなり長いです。(笑)でもほんとにおすすめです。

他に、イアン新作の執筆が遅れていることに関連して、恐縮ですがちょっと個人的なことも書いております。今回のJ庭が自分にとっていかに特別なものになったか、ということでもあるので書かせていただきました。

表紙はイアンです。
「帰っちゃうの?ポスター」兼用のイラストで、お題は「パジャマ・部屋着」でした。
この服の密かなこだわりについてもペーパーのなかで書かせていただいてます。


情報の賞味期限の関係で、配信は今月いっぱいで終了予定です。よろしくお願いします。

(ほんとはBOOK☆WALKERと二本立てで配信したかったんですけど、なぜかBWのほうのアップロードが何度やってもタイムアウトしてしまって……。それで今回はkindle版のみの配信になっています。ご了承ください)

2019年3月1日金曜日

3/3J庭参加します!

またまた直前ですみません。(^^;)J庭参加のお知らせです。途中経過ですが「帰っちゃうの?ポスター」のスケッチと持参品など。今回は恐縮にも、パンフの「小説同人誌普及委員会」コーナーで、拙作『流星:SF・微JUNE掌編集』をご紹介いただいております。そちら他、既刊と冬コミグッズなどを持参します。

2019/3/3 J.GARDEN
スペースNo. つ20b SUSSANRAP

帰っちゃうの?ポスター。お題は「パジャマ・部屋着」。またイアンです。
間に合えばぺーパーの表紙も同じ絵になります。
(今回は時間の関係でカラー表紙にできるかどうか微妙です)









pixivでも同内容をお知らせしております。
そちらが便利な方は下のリンクからどうぞ。

品数多めなので、ゆっくり見て行ってください。よろしくお願いします❤



2018年12月26日水曜日

コミケ参加します!(当日の予定)

またまた直前ですみません!年末のコミケ参加のお知らせです。

2018/12/29(土) [1日目]
西1ホール め16b SUSSANRAP


今回カタログに既刊の本文見本をたくさん載せました!ぜひご利用ください。
コミケwebカタログ掲載ページ

pixivにも同内容をジャンルごとに分割リンクでまとめています。
こちらのほうが便利な方はどうぞ。
コミケ95サークルカットと持参品(概略と詳細見本へのリンク集)

当日の無料ペーパーはたぶんこれが表紙になります。
ラインナップを反映してイアンとホォムズ&ワトスンの無茶なコラボ…。
(時間を節約してイアンの新作(今回は出ませんが)の執筆に充てたいので、
J庭のときの『自撮り写真』に合成で描き足しです。スミマセン。
「いやにはっきり写った心霊写真だなー」とか
イアンにイヤミを言われそうです(^^;))
中身は現在書いております。インフォメ以外の部分は
ネタを放り込んだ楽しめるものにしたいと思っておりますので、
よかったらペーパーだけでもぜひ。
(また無料配布本と並べてスタンドに立てるつもりです☆)


創作JUNE/BLジャンルのコミケ初売りは『流星:SF・微JUNE掌編集』になります。一般的な意味のBLとは言い難いアプローチの短編集ですが、ぜひお手に取っていただけたらと思います。(kindleB☆Wで電子版を配信中です。B☆Wは無料お試し版もございます)



イアンシリーズの新作は「制作中」なので、またペーパーでいろいろご報告いたします。お試し短編でもしお気に召していただけたら、ぜひ本編をよろしくお願いします。(こちらもkindleB☆Wで電子版を配信中です☆)



あと、BOOTHのオンデマンド販売で復刊した『追憶のシャーロック・ホームズ』紙版も少し持参します。紙版をご希望だった方、よかったら実物をご覧ください。価格はBOOTHと一緒です。(こちらもkindleB☆Wで電子版を配信中です☆)



で、コミケ合わせの新刊がないのが寂しくて、またホームズグッズを作ってしまいました。メガネ拭きとミニ鹿撃ち帽は新作です。



 ミニトートは昨年末からですがおしながきをリニューアルし、ワルノリして通販サイト風のすっとぼけた「使用例」画像も作ってみました。(笑)




一番最後に追加した手編みミニ鹿撃ち帽(笑)については 、SUSSANRAP kindle booksのブログで少し詳しくお知らせしております。持参品のご紹介はカブリますが、ミニ鹿撃ち帽のワルノリした画像を多めに載せてますので、よかったら気分転換に覗いてやってください。




そんなわけで、創作JUNE/BLエリアながら、
・マイルドBL/微JUNE
・ホームズ系(復刊とグッズ)
・洋画・海外ドラマ系レビューと二次の既刊
…と、おおざっぱに分けても三本立てです。

(二次既刊はほとんどがSHERLOCK(^^;)。他にテッド・チャン原作『メッセージ』特集の洋画レビュー集、ホビット、ジョナサン・アリス萌えドラマThe Game布教本があります。詳しくはコミケウェブカタログpixivをご覧ください。本文見本を全種載せております

…配置ジャンル以外の本はなかなかご同好の目に触れることが難しいのですが、今回は新刊がない分カタログに細かく載せるよう努力したので、事前チェックで見ていただけたらと祈っております。

ではでは、当日スペースにて、まったりとお待ちしております。ぜひお立ち寄りくださいませ♥



2018年10月30日火曜日

ハロウィーン短編無料配信中/BOOK☆WALKER版イアンシリーズ

遅れておりましたBOOK☆WALKER版のイアンシリーズ、ようやく配信が始まりました。今のところ2作のみですが、お試し短編『History:低体温男子イアン・ワージングのハロウィーン』は無料配信中です。すでにkindleで何度も無料キャンペーンをしていますが、もしまだご覧いただいていない方がいらっしゃいましたらぜひ。(ハロウィーンに配信開始していたかったので、ギリギリですが間に合ってほっとしました!(笑))有料本もブラウザからすぐお試し読みしていただけますので、ぜひご覧ください。



【無料配信中】

BOOK☆WALKERで配信中の一覧はこちらです。(無料お試し版もございます)

BOOK☆WALKERはコイン還元という独特のサービスがあり、アカウントを作っておくとしばしばコイン増量キャンペーンを知らせてくれます。すでにkindleをご利用の場合はフォーマットを増やすメリットはないかもしれませんが、ご都合に合うフォーマットでお読みいただけたら嬉しいです。

kindle版ともども、どうぞよろしくお願いいたします。

(ほんとはコボちゃん(笑)にも広げたいんですけど、要領が悪くて執筆優先期は特にアタマの切り替えが難しく、実現できていません。出版・営業部(?)用の自分がほしいです……(^^;))