2018年3月21日水曜日

新刊配信開始(+既刊無料配信のお知らせ)

新刊『流星』

予告させていただいた新刊の配信が始まりました。kindle、BOOK☆WALKER両方で配信しております。


かつて自分なりに感じていた「JUNE(≠BL)」のニッチな領域ににこだわり、「かすかな想いの痕跡を深読みする感覚」を目指した作品を集めました。箸休めのBL風コメディを除いて、BLっぽさはほぼありません。
ある意味「あなたのJUNEはどこから?私は」(笑)的な一冊になっています。

「微JUNE」というムリヤリな造語ですが……電子書籍サイトのブログにも書いたのですが、例えて言えば「平凡社ライブラリーの『ゲイ短編小説集』収録作を「ゲイ小説」と言える程度にJUNE」、という感じです。この短編集は「えっ、これのどこがゲイ小説?」というものがいろいろ入っているんですが、まぎれもなく「そう」で。というか、自分にとってあの「ゲイ小説」はまさに「JUNE小説」なので、事あるごとにその方面のアンテナお持ちの方にはお薦めしています。うちの本は読まなくてもいいですからこれはぜひ!(いや、もちろん本音はうちの本も読んでいただきたいです!(笑))

たぶん、JUNE誌原初体験の80年代あたりに吸収した雑多なもの(思えば映画や日本の古典芸能など、自分なりの引出しがちまっとできたのがあの時期だった気がします)がいろいろブレンドされ、形成されたのが「自分なりのJUNE」だと思います。「JUNE」は人によりいろいろな意味・美学が託されている言葉なので……そのへんは電書サイトのブログでぐたぐだ書いてますので(笑)、お時間があったら覗いてみてくださいませ。
新刊『流星』について+既刊無料配信のお知らせ

正直、こういうニッチで趣味的な本が売れる世の中なら苦労はしません。(笑)J.GARDENでも手にとっていただくのが難しかった(紙同人誌を改稿したものがベースです)本なので、「無料お試し版」に表題作をまるごと入れました。恒常的な無料本が置けるのがBOOK☆WALKERの利点なので、「(イベントで遭遇するので)絶対いらっしゃるのは知っているけれど、絶対数が少ないのも真実」である読み手さんに届け、と瓶に詰めて海に流す気持ちです。(笑)もちろん路線のせいにせず、作品を少しでも良いものにしていくために、引き続き精進していこうと思っています。

さて、最初に出そうと思っていた長い作品は、今電子書籍用に手入れをしています。なりゆきですが、初めてのEPUB本作り(BOOK☆WALKERはEPUB形式でのアップなのです。kindleはwordでできるんですけど)を短い本で試行錯誤できたのはよかったと思います。電子書籍で小説を読むのは、オンラインで読むのとは違う体験だと思います。というのは、ページごとに切り替わっていく「リズム感」がいちおうあるので。ファイルを実機に落として、何度も読み直してそれを調整しています。オンラインのスクロールではその効果はありませんよね。いわゆる「リーディング・エクスペリエンス」がちょっと違うように思います。(どっちが適しているかは作品によると思いますが、オンラインで長い文章を読むのはしんどいけど、電子書籍だとわりと読めてしまうのはそのへんの違いかな、とも思います)

次の作品では「もっとこうしたい」ところもあるので、研究しつつ形にしたいと思います。

話が先走っちゃいましたが(笑)、新刊をどうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m



ウェブ用BW無料お試し版表紙.jpg



*      *      *


『追憶のシャーロック・ホームズ』上巻無料配信

急ですが、「kindleの独占配信が終わると無料キャンペーンオプションも使えなくなる!」と気づきまして、期限が切れるまでのラスト三日間、分冊版『追憶のシャーロック・ホームズ』の上巻を無料配信することにしました。もともとこういうキャンペーンをするために作った分冊版なので、よかったら未読の方、お試しくださいませ。


2018/3/21(日本時間午後5時頃)~23(日本時間24日午後5時頃)

(商品ページの告知で時差計算を間違ってしまいました。
修正がまだ反映されていないかもしれませんが、
開始は日本時間3/21午後五時頃の予定です)


0 件のコメント:

コメントを投稿